香水LOVE

香水のトップ、ミドル、ラストとは

香水とは香料をアルコールに溶かしたものですが、その中には数多くの香料が混ざり合っていて、成分ごとに香りが発揮される速度が違います。初めは揮発しやすい成分が香り、その後揮発しにくい成分の香りが徐々に出てきて、香りのニュアンスが変化します。ここでは香水のトップノート、ミドルノート、ラストノートとはそれぞれ何であるのかということについて説明します。まずトップノートとは付けてから10分位までの揮発しやすい成分の香りで、香水の第一印象となります。このトップノートに用いられる香りとして、レモンやオレンジなどのシトラスノートやラベンダーをはじめとしたフラワーノートの他、グリーンノート系が主な香料として挙げられます。その後10分から30分後に香るのがミドルノートで、その香水を表す中心的な香りとなるため、自分に合うかどうかはこの香りで選びます。ミドルノートに用いられる香りにはジャスミンやバラなどのフローラルノート、バジルやシナモンなどのスパイスノートなどが挙げられます。30分程経った後で残る香りはラストノートと呼ばれ、揮発性の低い香料にその人独自の体臭が混じることで付ける人のイメージを作ります。香料としてはサンダルウッドやムスク、バニラなどが挙げられます。

香水の種類と上手な使い方

香水には種類があります。この種類とはどこのブランドのなんという商品か、ということではありません。賦香率という「香料の濃度」の違いを基準に分類した時の種類です。
これは基本的には「パルファン」・「オーデパルファン」・「オーデトワレ」・「オーデコロン」の4種類に分けられています。パルファンが最も濃度が高く、上に挙げた順に少しずつライトになっていきます。
香料の濃度が高いということは、それだけ香りが強く持続時間も長いということです。もちろんこれは価格にも影響します。同ブランドで比較した場合パルファンはより高価ですし、ライトなものはより安価な傾向があるはずです。
ところで濃度や持続時間の具体的な数値は、日本では明確には定められていません。全て「香水」というコスメのひとつで薬事法による規制はないので、メーカーやブランドごとに基準は異なるようです。
そうはいっても重めのものか軽めのものかという違いがあるので、香水を使う時には無視できない要素です。つける量や場所は香水の種類によって変えるのが上手な使い方です。
パルファンは肌の1点に1,2滴落とすくらいが良いでしょう。オーデパルファンとトワレは線でつけるイメージです。ライトなコロンは面でつけても大丈夫です。
つける場所は、パルファンなどの重めのものはウエストより下につけるのがベターなようです。“香害”にならないようにマナーには気を付けましょう。
香料の種類によっては日光に反応して肌や服のシミの原因になってしまうものもあります。そういった意味で首やデコルテ、耳たぶなどにつけるのはやめたほうがいいでしょう。

pickup

一生に一度しかない成人式、晴れ姿を残しませんか?

成人式 前撮り 京都

ご自宅に檜風呂を取り入れて普段の疲れを取り除きましょう。

檜風呂を導入

現在の通信費を大幅にコストダウンさせることが可能です。

通話料 削減

最終更新日:2017/6/30